iライン 黒ずみ ピーリング

iラインの黒ずみをピーリングで落とす

 

皮膚はペラペラの膜に見えますが、実際は細かく分かれています。
一番上を表1へその下が真皮その下が皮下組織といいます。
スキンケアで重要なところは表皮と真皮この二つの徹底的にすることで正しいスキンケアができるようになります。

 

皮膚の一番表面にある表皮はその下の真皮を守ってくれる保護作用があります。
もし異物が入って来たらそれを真皮に伝えたり刺激などが変わらないように注意したりしています。
そしてもう一つ大切なことが保湿すること体の中の水分が蒸発するのを防いで肌を潤ってくれます。

 

 

真皮の働きは肌の弾力ハリを保つことです。クッションのようにふわふわしていて立体的な形をしていて年を取ってくると真皮の働きが落ちてきて肌を支えられなくてシワシミなどが吹けるようになります。
真皮と表皮は肌をきれいに保ってくれる動きがあるのです。

 

 

真皮と表皮を合わせて何センチあると思いますか??

 

実はなんと2ミリ、2ミリしかないのです。
お手入れは優しくしないといけないのはこのためなんですね。

 

表皮の役割は潤いを保ちながら肌の健康を保ってくれるところです。
皮膚の一番上にある皮が表皮です。表皮は角質と角質以下の皮でできていてそれぞれちゃんと役割があります。

 

ピーリングでiラインの黒ずみを落とす

 

iラインの黒ずみを消したい!ピーリングで落とす?

 

角質の役割は外から身を守るブロックの働きです。
角質細胞が20から30積み重なっていて水分を20パーセントから30%含まれています。
角質の朝はなんとラップと同じ0.02ミリ非常に薄い部分です。

 

 

角質以下の表皮は肌の生産工場
真皮と表皮の間に境目がありそこに基底層するというものがあります。

 

基底層では細胞が生まれます。この細胞はだんだん角質細胞になっていきます。細胞と細胞がくっついていて伸びても剥がれないような構造になっています。

 

この角質細胞は外からの刺激を守ったりメラニンを作るメラノサイト細胞もあります。光科学的な刺激や物理的な刺激から真皮を守ってくれる重要なところです。