iライン 黒ずみ 生理

生理周期でiラインは黒ずむ?

生理前になると必ずiラインが黒ずんでくる
肌のくすみがひどくなる足がパンパンにむくんでしまうなど整理と女性のトラブルは密接に関係しています。

 

このように生理周期で女性のバランスが崩れてしまうのはホルモンの原因によります。
そこでこのページでは女性ホルモンと肌の健康との関連性を探っていきたいと思います。

 

生理周期で黒ずみは悪化する!iラインの黒ずみと生理

 

女性ホルモンには黄体ホルモンエストロゲンの2つのホルモンがあります。
この中黄体ホルモンが肌の不調を引き起こすホルモンです。どんな症状を引き起こすか解説していきたいと思います。

 

 

黄体ホルモン

プロゲステロンとも言われ別名をブスホルモンと言います。
名前の通り肌がくすんだりニキビができたり肌が黒ずんだりシミができたり様々な肌トラブルを引き起こすホルモンだからです。

 

生理前は肌が敏感になる時期です。ですのでやたらと手を加えると肌荒れが進んだりしますので強気のアプローチではなくケア程度に留めておくことが重要です。攻めの対策ではなく守りの対策です。

 

 

生理前はiラインの黒ずみが悪化しないように皮脂腺の分泌を盛んにしないようにしないといけません。

 

皮脂腺から皮脂が分泌されると肌が脂っぽくなったり肌がザラザラになったりお家になったりします。ニキビが増える人もいます。

 

こういう時にできる対策は化粧品でちゃんと保湿して黒ずみ悪化させないことです。さらに普段のストレスが高いと生理前の黒ずみや体の不調が増強されますので普段からストレスに注意することは大切です。

 

 

エストロゲン

卵胞ホルモンこれは肌の調子を整える肌の向上もたらすホルモンだと言われています。エストロゲンが分泌されると肌がみずみずしくなり肌のコラーゲンが増加するなどが理由です。

 

ですのでエストロゲンを定期的に分泌できるようにホルモンをきちんと整えることは大切そのために無理なダイエットやロカボなどを行っていると美肌は損なわれ黒ずみが進行していきます。

 

 

エストロゲンが増えるのは30代から
そして40代になるとだんだん分泌量減っていき肌のくすみやシミたるみしわそして黒ずみなどが悪化していきます。

 

閉経後の女性が強い化粧品にしないといけない理由はこのエストロゲンが減ったことが原因にもなっています。

 

エストロゲンを増やすことは大切そのためにエストロゲン様作用をするイソフラボンをたくさんとったりすることでiラインの黒ずみや肌のくすみなどが改善していきます。

 

ただしイソフラボンをとっても体の中でエクオールに変換できないと使い道がありません。
ですので、自分がエクオールを作り出せるのかトイレのチェックする方法でチェックし大豆製品をとっていく必要があります。