iライン 黒ずみ トラネキサム酸

トラネキサム酸のiラインの黒ずみの効果

 

このページではトラネキサム酸をiラインの黒ずみ使って良いのか
デメリットなどはないのかを解説していきます。

 

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸とは何なんでしょうか。

 

トラネキサム酸はiラインの黒ずみに効果があるか徹底検証

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種です。
アレルギーに対する作用や抗炎症成分などを持っていることから医薬品に使われてきましたが美白にも効果があることがわかり美白の分野でも使われています。

 

このトラネキサム酸は実はあるメーカーが特許をとっていて、他のメーカーが使うことができなかったのですが、特許が切れたことで色々なメーカーがこの成分を黒ずみケアに使えるようになりました。

 

トラネキサム酸がiラインの黒ずみに効く

メカニズムトラネキサム酸はどうやってiラインの黒ずみを綺麗にしていくのでしょうか。

 

効果が出るのはトラネキサム酸が、プラスミンという酵素の働き関係しているからです。

 

iラインの黒ずみはメラノサイトが動くことでメラニンが生み出される現象ですが、それを引き起こしてしまうプラスミンという酵素の働きを抑えてくれるので効果があるというわけです。

 

そしてトラネキサム酸にはメラニンを作れと言う指令を止める働きもありますのでさらに効果が高いです。

 

つまり

  • トラネキサム酸の成分はメラニンの生成をブロックしてくれる
  • メラノサイト活動を弱めてくれるという

2つの効果があるということなんですね。

 

トラネキサム酸はiラインの黒ずみにも効果があるのか
上の段で説明したように、トラネキサム酸にはメラニンの生成を抑える効果メラノサイトを活発にする効果の2つがあります。

 

iラインの黒ずみも肘の黒ずみもメラニンで起こる、という共通のメカニズムです。のでiラインの黒ずみにもトラネキサム酸の効果的です。

 

美白成分として有名なのはハイドロキノンでしょう。

 

しかしこちらには大きな副作用ものリスクもあります。
トラネキサム酸はこのハイドロキノンと似たような働きをしながら副作用が少ないので市販でよく使われていますし、デリケートゾーンの黒ずみをケアするクリームの中にもよく配合されています。

 

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸は副作用が弱い薬です
普通にiラインに塗っているぐらいでは副作用はほぼ発生しないと言っても良いでしょうしかし内服すると話は別です。

 

アレルギーなどの治療として内服していると、胸焼けなどの副作用が出ることもありますですが、アイラインに塗ることでは、それほどたくさん吸収されませんので副作用の心配はほぼありません。

 

トラネキサム酸が配合されている化粧品

トラネキサム酸は色々な商品に配合されています。
化粧品メーカー資生堂も使っている成分ですが、iラインに塗る場合は、顔用の化粧水ではいけません。

 

というのはトラネキサム酸は安全でもそれ以外に添加されている物質がデリケートゾーンには強すぎることがあるからです。

 

まんこ用のトラネキサム酸配合美白商品

以下ではデリケートゾーン用に作られている化粧品を紹介します。
このような化粧品はiラインに塗ることを想定されていますが、小陰唇、粘膜部分用ではないため粘膜部分に使う場合は自己責任で使う必要があります。

 

イビサクリーム
iライン黒ずみトラネキサム酸

 

イビサクリームにはトラネキサム酸が有効成分として含まれています。

 

ヴィエルホワイトにもトラネキサム酸が含まれています。
またホスピピュアという美白クリームにもこの成分が使われています。

 

まんこをピンク色にするならこのサイトが参考になります。

 

まんこピンク